2007年08月30日

北海道旅行で自然を満喫

北海道旅行というと、札幌、函館をはじめ、名所・旧跡の多い道南エリアが中心になりがちですが、北海道の雄大な大自然を満喫するためには、道東や道北にも旅行の足をのばしてみたいものです。


まず、絶対に押さえたいポイントが、景勝地として名高い層雲峡。石狩川沿いに続く大渓谷であり、天に向かってそびえる美しい奇岩絶壁と、その間を縫うように流れ落ちる滝を見ることができます。


釧路湿原国立公園は野生動植物の宝庫として知られ、特別天然記念物のタンチョウや幻の魚イトウ、エゾシカ、キタキツネなどが生息していることで有名です。


世界自然遺産に登録されている知床国立公園は、原生林の中を散策するだけでなく、船に乗って海から半島を眺望するコースも旅行者の人気を集めています。


また、マリモで有名な阿寒湖、世界的に見ても透明度の高いことで知られる摩周湖、サロマ湖、そしてオンネトーといった湖も、北海道旅行において見逃せない観光スポットです。

posted by 旅行大好き人間 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 北海道旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: オンネトーオンネトーは、北海道足寄郡足寄町東部にある湖である。名前はアイヌ語で「年老いた沼」あるいは「大きな沼」の意味である。地理阿寒国立公園内に位置する。雌阿寒岳の噴火により西麓の螺湾川の流れが止め..
Weblog: 湖の森
Tracked: 2007-09-29 05:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。